ママ美ライフ~家庭菜園・子育て・アウトドア~

家庭菜園・育児・アウトドアのことボヤきます。

MENU

カボチャのうどん粉病はそんなに気にしなくてもいいかもしれない

カボチャの栽培といえば、うどん粉病とは切っても切れない関係らしいです。

ほぼ必ず、うどん粉病にかかってしまうようですね。

我が家のカボチャの例外なく、かかりました!

でもね。

意外と大丈夫なのかもしれないなぁ。

と、成長している様子をみて思いました。

 

 目次

 

 カボチャのうどん粉病初期

f:id:mamamimama:20210702090013j:plain

こんな感じで、点々とうどん粉病が発症していました。

最初は、ガツガツ葉っぱを切り落としていたのですが、

うどん粉病が治まる兆しが全く見られません。

 

ほぼ全部のカボチャの葉がうどん粉病

f:id:mamamimama:20210730103717j:plain

もう、真っ白け。

ほぼすべての葉がうどん粉病になっており、どうすることもできませんでした。

全部切り落としたら、ハゲ散らかってしまうし、

カボチャの実が大きくならないので、 躊躇していたのですが。。。

 

うどん粉病にかかったカボチャの葉を躊躇なく切り落とす旦那

f:id:mamamimama:20210702085912j:plain

 ささやかな切り落としをする私とは反対に、

躊躇なくカボチャの葉を切り落とした旦那。

見るも無残な姿になっていました。

仕方ないよね~周りの人に迷惑掛かるし。

 

こんな状態でも、実った2つのカボチャは、

腐ることなく成長してくれまして。

無事収穫までこぎつけたのです。

 

mamamimama.hatenablog.com

 

 撤収しようとしたらまさかの着果

f:id:mamamimama:20210729153621j:plain

唯一実った2つを収穫したので、うどん粉で瀕死だし撤収するかと思っていたら、まさかの着果です。

これ、まだいけるの?と思い、少し様子を見ていると、、、

 

f:id:mamamimama:20210729153704j:plain

なんだか、順調に成長してきました。

へぇ。まさか収穫できちゃう感じでしょうか。。。

と思っていたのですが、

f:id:mamamimama:20210808015327j:plain

ヘタの部分に不穏な空気が・・・

これもまた様子見ですね。

 

実ったカボチャの先に咲く雌花はやっぱり枯れる

f:id:mamamimama:20210729153643j:plain

こちらの雌花は・・・

 

f:id:mamamimama:20210729153713j:plain

着果できなかったのでしょうか。

枯れました。

そして、その先についた雌花は・・・

f:id:mamamimama:20210729153724j:plain

成長途中で枯れました。

やっぱり、このカボチャは実った先の雌花は枯れる仕組みになっているのかもしれません。

残念ながら、品種不明なのでこの特性が品種なのか、育て方なのか分からずじまい。

来年の課題ですね。

 

実は、1番目と2番目に着果したカボチャについても、

その先についた雌花は枯れてしまいました。

着果失敗した健忘録はこちらからどうぞ。
mamamimama.hatenablog.com

 

3番目のカボチャが実る横で脇芽がニョキニョキしてました

f:id:mamamimama:20210729153653j:plain

「おっ!脇芽が出とる!まぁでもねぇ。時間の問題かしら。」

と、最初は思っていたのですが・・・

f:id:mamamimama:20210729153734j:plain

 どんどん成長してまして。

 まだ、雌花はつけてないのですが、

どうなんでしょう。

畑の先輩によると、10月頃まで収穫できるっていうんで、

もしかしたら、また収穫できちゃうかも?
と淡い期待をしています。

乞うご期待。

 

 

mamamimama.hatenablog.com

mamamimama.hatenablog.com

mamamimama.hatenablog.com