ママ美ライフ~家庭菜園・子育て・アウトドア~

家庭菜園・育児・アウトドアのことボヤきます。

MENU

『ほっぺたから横隔膜まで』ミスチルの話をしていたら『人生の七味唐辛子』の話になった

f:id:mamamimama:20140717135421j:plain

  

どーでもいいんですけど、旦那がミスチルのファンでして。

『フェイク』って曲、知ってますか?

 

こちらのアルバムに収録されているそうです。


 


 

歌詞の中で、

『頬っぺたから横隔膜まで

 誰かを呪ってやるって

 気持ち膨らまし…』

っていうのがあるんだそうで、在宅ワークのさなか急に歌い出したんですよ。

 

それを隣で聞いてて、私ツッコんだんです。

「ほっぺたから横隔膜まで呪うってどういうこと?場所的にも中途半端よね~」

 

そしたら、

「忘れたけど…昔、チャンカワイが何かの番組で、この歌詞の意味を解説してたよ」

ってことで調べてみました~

 

Twitterで呟いてくれている方がいまして。ネットは便利ですね~。

その方によると、どうやらね。

「ほっぺた」「横隔膜」を焼肉用語に、「呪ってやる」も別の言い方に換えることができるようです。

 

ほっぺた:ツラミ(辛み)

横隔膜:ハラミ

呪ってやる:ウラミ(恨み)

 

あら、不思議。

「ラミ」「ラミ」「ラミ」って韻を踏んでるじゃないですかwww

ツイートしてくれてた方は、「首がもげるくらい頷いた」と書かれていて。

 

旦那に伝えたら、「俺も!!」と首がもげたようです。

仕事中にもかかわらず、テンションmaxでミスチルを語り始めましたよ。

どうやら、他にもミスチルうんちくはあるようですね。

 

それにしても、これスゴイですよね。

ツラミとハラミは焼き肉の部位で、辛みと恨みは人の苦しみみたいなものです。

ミスチルの櫻井さんは、こんな感じで時折、遊び心満載の歌詞を書くらしいですよ。

 

結局、

「ほっぺたから横隔膜まで誰かを呪って気持ち膨らまして・・・」

っていうのは、韻を踏みたいから歌詞にしたのでしょうかね。

それとも、

ほっぺたから横隔膜まで、ぷ~っと膨らませて怒っている感じ

を表現してるんですかね~

 

歌詞全体を理解していないので、

正解がわかりませんが、

とりあえず、櫻井さんの表現力は奥深いのでしょうね。

 

f:id:mamamimama:20160709174814j:plain

更に思い出したのが、仲村トオルさんが出演していたドラマ『ラストチャンス~再生請負人~』で使われていた言葉

 

『人生の七味唐辛子』

 

恨み・辛み・妬み・嫉み・嫌味・ひがみ・やっかみ

 

この七味ね。あんまりイイ印象はない言葉ですが、ドラマの中では『人生の大事なスパイス』と表現されていました。

 

この七味を味わったときに、イヤイヤと逃げ出すのか、どうにか立ち向かっていこうとするのかで人生が変わるんだよ~

なんていう話だったかと思います。

 

主人公の仲村トオルさんは、困難が来るたびに『人生の七味唐辛子』を唱えて、乗り越えていたような記憶があります。

 

旦那がちょろっと歌っていた歌詞から、人生のテーマに行き着くなんてね。

雑談も悪くないかもね。